立川市 自己破産 弁護士 司法書士

立川市在住の方がお金や借金の悩み相談するならコチラ!

借金返済の悩み

借金の金額が多くなりすぎて返済が厳しい…。
借金を複数抱えているので、債務整理で解決したい…。
もしそう思うなら、できるだけ早く司法書士・弁護士に相談を。
司法書士や弁護士が探してくれる解決策で、督促がストップしたり、月々の返済金額が減ったり、などといういろんな恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談ができる法務事務所・法律事務所も数多くあります。
ここでは、その中で立川市にも対応している、お勧めの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
また、立川市の地元にある法務事務所や法律事務所も載せているので、そちらも参考にしてください。
借金の問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
司法書士や弁護士の知識・知恵を借り、最善策を見つけましょう!

自己破産・借金の相談を立川市の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

立川市の債務・借金返済問題の相談なら、こちらがおススメ。
弁護士対応で、全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払は、分割払いの対応も可能。
相談料金はもちろん無料!
借金の督促をストップすることもできます。
任意整理、自己破産、過払い金、個人再生、など、借金や債務について無料で相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談受付してくれるので、お金に悩んでいる人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



ウイズユー司法書士事務所(借金減額の無料診断)

ウイズユー司法書士

立川市の方が借金・債務整理の相談をするならまず、「借金の減額診断」もおすすめです。
全国に対応している「ウイズユー司法書士事務所」が行っている借金減額の無料診断です。
無料診断は、たった4つの質問に答えるだけなのでとても簡単です。
診断はホームページ上で行えるので、面倒な登録などは必要ありません。
また、診断結果の送信や無料相談をすることもできますが、無料相談や送信は匿名OKなので安心です。
◆特徴◆
  • たった4つの質問に答えるだけ!
  • 月の返済金額を減らせるかが分かる!
  • 匿名&無料で相談OK!
  • 全国に対応!
月々の支払いがいくら減るのか、借金がいくら減るのか、まずは気軽に無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断を匿名で



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国に対応している司法書士事務所なので立川市の人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



立川市周辺にある他の弁護士・司法書士の事務所紹介

立川市には他にもいくつかの弁護士・司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●岡田幸司税理士事務所
東京都立川市高松町2丁目38-6
042-524-0658
http://taxaccountant.ashisuto-co.jp

●久江孝二法律事務所
東京都立川市柴崎町2丁目12-6
042-522-0681

●立川北法律事務所
東京都立川市 2丁目32-3 立川三和ビル 4F 402号
042-548-7230
http://tachikawakita.jp

●あけぼの綜合法律事務所
東京都立川市曙町1丁目25-12 オリンピック曙町ビル7階
042-512-9737
http://akebono-sogo.jp

●財団法人日弁連交通事故相談センター 東京支部 立川相談所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川12階
042-548-7790
http://tokyosibu.jp

●南立川法律事務所
東京都立川市 緑町7-2 サンクタス立川T1
042-525-1101
http://minamitachikawa.com

●東京三弁護士会多摩支部
東京都立川市緑町7-1 アーバス立川高松駅前ビル 2F
042-548-3800
http://tama-b.com

●フラクタル法律事務所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川10階
042-513-6680
http://fractal-law.com

●ひめしゃら法律事務所
東京都立川市緑町7-1
042-548-8675
http://himesyara.com

●弁護士法人泉総合法律事務所 立川支店
東京都立川市柴崎町2丁目1-9 中島ビル3階
042-528-2655
http://springs-law-tokyo01.com

立川市にある地元の法務事務所・法律事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、直接相談よりも、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

立川市在住で多重債務、問題を抱えた理由とは

キャッシング業者やクレジットカード会社などからの借入金で悩んでいるなら、きっと高利な金利にため息をついているのではないでしょうか。
借金をしたのは自分なので、自己責任だからしょうがないでしょう。
ですが、複数の金融業者からお金を借りていると、金額が大きくなって、とてもじゃないけど返済するのは難しくなってしまいます。
月ごとの返済ではほとんど金利しか返せていない、という状況の人もいるかもしれません。
ここまで来てしまうと、自分1人だけで借金を清算するのは不可能でしょう。
借金を清算するため、弁護士・司法書士に相談すべきです。
どうすれば今ある借金を完済できるのか、借入金を減額することができるか、過払い金生じていないのか、等、司法書士・弁護士の頭脳を貸してもらいましょう。
借金の問題の解決は、相談から始まります。

立川市/債務整理は弁護士へ依頼するのがおすすめ?|自己破産

債務整理とは、借金の返金がどうしてもできなくなった際に借金をまとめる事でトラブルの解消を図る法律的なやり方なのです。債務整理には、民事再生、任意整理、自己破産、過払い金の4つの方法があります。
任意整理は、裁判所を通さずに債務者、債権者が直に交渉をして、利息や月々の返金を少なくする進め方です。これは、出資法・利息制限法の2種類の法律の上限利息が異なる点から、大幅に減らす事が可能なのです。話合いは、個人でも行う事が出来ますが、普通なら弁護士に依頼します。人生経験豊かな弁護士の方ならお願いした段階で面倒は解決すると言っても大袈裟ではありません。
民事再生は、今の情況を裁判所に了承してもらって、住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮してもらう制度です。このときも弁護士に依頼したら申立までする事ができるので、債務者の負担は減少します。
自己破産は、民事再生・任意整理でも支払できない沢山の借金がある際に、地方裁判所に申したてて借金を帳消しにしてもらう仕組みです。この時も弁護士に依頼すれば、手続も快調に進むから間違いがないでしょう。
過払い金は、本来は返す必要がないのに貸金業者に払い過ぎた金のことで、司法書士・弁護士に頼むのが普通なのです。
こうして、債務整理は貴方に合うやり方を選択すれば、借金に苦しみ悩む日常を脱して、再スタートをきる事もできます。弁護士事務所によっては、借金又は債務整理に関連する無料相談を行っている所も在りますので、まず、問合せをしてみたらいかがでしょうか。

立川市|自己破産ならではのメリットとデメリットとは?/自己破産

だれでも気軽にキャッシングができる様になった為に、莫大な債務を抱え込み苦しみ続けている方も増えている様です。
返済の為にほかの消費者金融からキャッシングをする様になり、抱え込んでいる負債の総額を把握していないと言う人も居るのが実情なのです。
借金により人生を崩さないように、自己破産制度を利用し、抱え込んでる借金を1度リセットするのもひとつの手としては有効です。
ですけれど、それにはメリットとデメリットが生じる訳です。
その後の影響を想定し、慎重に実施する事が大事でしょう。
まず長所ですが、なによりも債務がなくなるという事でしょう。
借金返金に追われる事がなくなる事により、精神的な心痛から解放されるでしょう。
そしてデメリットは、自己破産をしたことで、債務の存在が御近所に知れ渡り、社会的な信用が無くなることがあるという事です。
また、新規のキャッシングが出来ない現状となりますから、計画的に日常生活をしていかなくてはいけないでしょう。
浪費したり、お金の使い方が荒かった方は、中々生活レベルを下げることが出来ないということもあるでしょう。
けれども、己を律し生活をする必要があるのです。
このように、自己破産にはメリット・デメリットが有るのです。
どちらがベストな策かよく考えて自己破産申請をする様にしましょう。

関連するページの紹介