渋谷区 自己破産 弁護士 司法書士

借金返済の相談を渋谷区在住の方がするならどこがいい?

借金が返せない

「なぜこんな事態に…。」
多重債務を抱え、借金が増え、自分ひとりではどうにもできない…。
そういった状態なら、すぐに弁護士や司法書士に相談すべきです。
弁護士・司法書士に借金返済・債務の悩みを相談して、最善策を探してみましょう。
渋谷区で借金・お金の相談をするなら、まずはインターネットの無料相談サービスを試してみてはいかがでしょう?
パソコン・スマホのネットで、自分の今の状況や悩みを落ち着いて相談できるので安心です。
ここでは渋谷区にも対応していて、インターネットで無料で相談できる法律事務所・法務事務所を紹介しています。
借金返済問題を解決するために、できるだけ早く司法書士・弁護士に相談することを強くお勧めします。

自己破産や借金の相談を渋谷区に住んでいる方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

渋谷区の借金返済・多重債務解決の相談なら、ここがオススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いの対応も可能。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金の督促をストップすることも可能です。
任意整理、自己破産、過払い金、個人再生、など、債務・借金について無料相談できます。。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる人も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK☆



ウイズユー司法書士事務所(借金の減額診断)

ウイズユー司法書士

渋谷区の方が債務整理・借金の相談をするなら、まず「借金減額の無料診断」もおすすめです。
全国対応の「ウイズユー司法書士事務所」が行う借金の減額診断。
無料診断は、たった4つの質問に答えるだけなのでとても簡単。
診断はWeb上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気軽にできます。
また、診断結果の送信をすることもできますが、送信や無料相談は匿名でも可能なので安心です。
◆特徴◆
  • 4つの質問に答えるだけ!
  • 毎月の支払い額を減らせるかが分かる!
  • 匿名・無料で相談できる!
  • 全国に対応!
借金がいくら減るのか、月々の支払いがいくら減るのか、借金解決の第一歩として無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断はコチラ



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国に対応している司法書士事務所なので渋谷区にお住まいの方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の渋谷区近くの法律事務所や法務事務所紹介

他にも渋谷区にはいくつかの司法書士・弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●島中司法書士事務所
東京都渋谷区代々木2丁目11-5 アクティブ新宿 4F
03-5308-2836
http://shimanaka-shiho.jp

●司法書士法人あい和リーガルフロンティア
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目21-6 プラザF1ビル202
03-5919-2444
http://aiwa-law.com

●東京渋谷法律事務所
東京都渋谷区渋谷2丁目14-17 Daiwa渋谷SSビル8階
03-6427-2545
http://tokyo-law.jp

●遠藤司法書士事務所
東京都渋谷区道玄坂2丁目10-7
03-3463-9438

●司法書士ジャパンネット法務事務所
東京都渋谷区円山町5-2 第2伊藤ビル5F
03-5567-3160
http://saimu-saimu.com

●小野美佐子司法書士事務所
東京都渋谷区宇田川町6-14
03-3461-5913

●酒井優司法書士事務所
東京都渋谷区神南1丁目13-15
03-5459-1366

●渋谷シエル法律事務所
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
03-5456-5216
http://jiko-ciel.com

●橋本司法書士事務所
東京都渋谷区 西原3丁目23番5号 ラウンドTK201
03-6416-8636
http://office-hashimoto.jp

●天野事務所(司法書士法人)
東京都渋谷区桜丘町11-2
03-5457-7570

●政井究司法書士事務所
東京都渋谷区初台1丁目51-1
03-5308-2615

渋谷区にある地元の法務事務所や法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談などの方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

渋谷区在住で多重債務や借金の返済、どうしてこうなった

消費者金融やクレジットカードのリボ払いなどは、非常に高利な利子が付きます。
15%〜20%も金利を払うことになってしまいます。
住宅ローンだと0.6%〜4%(年)ほど、自動車のローンも1.2%〜5%(年)ほどですから、その差は歴然です。
そのうえ、「出資法」をもとに利子を設定している金融業者の場合、なんと金利0.29などの高利な金利を取っている場合もあります。
非常に高額な利子を払いながらも、借金はどんどん増えていく。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ありませんが、額が大きくて高利な利子という状態では、完済するのは厳しいでしょう。
どう返済すべきか、もうなんにも思い付かないのなら、法律事務所・法務事務所に相談してはどうでしょう。
司法書士や弁護士ならば、借金返済の解決策をきっと考え出してくれるはずです。
長期の返済計画かもしれませんし、過払い金の返還で返さなければいけない金額が減るかもしれません。
まずは相談、解決にはこれが始めの一歩です。

渋谷区/債務整理のデメリットって?|自己破産

債務整理にも沢山のやり方があって、任意でローン会社と話合いする任意整理と、裁判所を通した法的整理である自己破産若しくは個人再生等々のジャンルが在ります。
ではこれらの手続きにつき債務整理のデメリットという点があるのでしょうか。
これらの3つの手段に同じようにいえる債務整理デメリットと言うのは、信用情報にそれ等の手続きを進めた旨が記載されてしまうという事です。世にいうブラック・リストというふうな状態になるのです。
としたら、おおよそ5年〜7年の間、クレジットカードがつくれなくなったり又借り入れが出来ない状態になるでしょう。だけど、あなたは支払に日々悩み続けこの手続を実行する訳だから、しばらくは借金しない方がよろしいでしょう。じゃローンカードに依存している人は、むしろ借入が不可能になる事で救われるのじゃないかと思われます。
次に個人再生、自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこの手続きをした事が載るという事が挙げられるでしょう。とはいえ、貴方は官報などご覧になったことがあるでしょうか。逆に、「官報とは何」といった人のほうが複数人いるのじゃないでしょうか。
実は、官報は国が作るする新聞の様なものですが、信販会社等のごく特定の方しか見ないのです。だから、「破産の事実が周りの方々に広まる」等といった心配はまずないでしょう。
最後に、破産特有の債務整理の不利な点ですが、1度自己破産すると7年間は再度破産できません。そこは十二分に留意して、2度と破産しなくても大丈夫な様にしましょう。

渋谷区|借金の督促って、無視するとどうなるの?/自己破産

貴方がもし仮に消費者金融などの金融業者から借入れしていて、支払い期日にどうしてもおくれたとします。その際、まず必ず近いうちに業者から借金の催促電話が掛かるでしょう。
電話をスルーする事は今では容易に出来ます。金融業者のナンバーだと思えば出なければよいでしょう。そして、その催促のメールや電話をリストアップし、着信拒否することも出来ますね。
しかし、そんなやり方で一時しのぎにホッとしても、そのうち「返さないと裁判をすることになりますよ」等という催促状が届いたり、または裁判所から訴状又は支払督促が届いたりするでしょう。そのようなことになったら大変なことです。
ですから、借入れの支払い期日におくれたらシカトせずに、きちっと対応してください。クレジット会社などの金融業者も人の子です。だから、ちょっとの期間遅くなっても借金を支払う客には強硬な手法をとることはほとんど無いでしょう。
それじゃ、払いたくても払えない時にはどうしたら良いでしょうか。予想のとおり何度も何度もかけてくる督促の電話を無視するしかほかに何もないのでしょうか。そのような事はないのです。
先ず、借入が返金できなくなったら即刻弁護士の方に依頼もしくは相談する事が大事です。弁護士の先生が介入したその時点で、ローン会社などの金融業者は法律上弁護士を通さないで直に貴方に連絡が取れなくなってしまいます。クレジット会社などの金融業者からの借入金の督促の連絡がやむ、それだけでメンタル的にたぶん余裕が出てくると思われます。又、詳細な債務整理の手法につきまして、其の弁護士の先生と話し合い決めましょう。

関連ページの紹介