国立市 自己破産 弁護士 司法書士

国立市在住の方が借金・債務の相談をするならここ!

債務整理の問題

借金の悩み、債務の問題。
借金・お金の悩みは、自分だけではどうにもならない、深刻な問題です。
ですが、司法書士や弁護士に相談しようにも、少し不安な気持ちになってしまう、という人も多いでしょう。
ここでは国立市で借金・債務のことを相談する場合に、オススメの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
インターネットで相談できるので、初めて相談する方でも安心です。
また、国立市にある他の法律事務所や法務事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にしてください。

借金や自己破産の相談を国立市に住んでいる人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

国立市の債務や借金返済解決の相談なら、こちらの事務所がおススメです。
弁護士対応で、しかも全国に対応している法律事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士料金の支払は、分割払いも可能です。
弁護士への相談料はもちろん無料!
借金督促のSTOPもできます。
任意整理、自己破産、過払い金、個人再生、など、借金や債務について無料で相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、債務や過払いの問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分にピッタリのやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決していきます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から費用を支払えます。
任意整理でも、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国対応の司法書士事務所なので国立市にお住まいの方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の国立市周辺にある法律事務所・法務事務所紹介

他にも国立市には複数の弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●司法書士事務所ライズ
東京都国立市東1丁目14-20 ハイムヤマ205
042-573-0004
http://rise-law.jp

●近藤誠司法書士事務所
東京都国立市 北一丁目5番の17
042-501-2151
http://kondo-office.com

●渡邊司法書士事務所
東京都国立市 1丁目14-9 ステージ国立207
042-505-4592
http://watanabe-shiho.com

●サン合同事務所(司法書士法人)
東京都国立市東1丁目4-15
042-580-5831

国立市にある地元の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、不安なく相談できるのではないでしょうか。

多重債務や借金返済に国立市で悩んでいる場合

キャッシング会社やクレジットカードのリボ払い等は、高利な利子が付きます。
15%〜20%も金利を払うことになってしまうのです。
住宅ローンだと0.6%〜4%(年間)ほど、マイカーローンの場合も年間1.2%〜5%ぐらいですので、すごい差があります。
さらに、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定しているような金融業者だと、利子がなんと0.29などの高い利子をとっている場合もあります。
かなり高利な金利を払いながらも、借金はどんどん増えていく。
借金をしたのは自分の責任なので仕方ありませんが、金額が多くて金利も高いという状況では、返済するのは辛いものでしょう。
どのようにして返せばいいか、もう何も思い付かないのなら、法務事務所・法律事務所に相談してはどうでしょう。
司法書士や弁護士ならば、借金を返す解決策を見つけてくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金を請求して返さなければいけない金額が減額するかもしれません。
まず相談する、これが解決への第一歩です。

国立市/弁護士への電話での借金返済の相談|自己破産

ここ最近では沢山の人が気軽に消費者金融等で借金する様になりました。
こうした消費者金融はテレビのCMもしくはインターネットコマーシャルをやたらに放送し、多数の方のイメージ改善に力を注いできました。
又、国民的に有名な俳優またはスポーツ選手をイメージキャラクターとし使用することもその方向の1つといわれているのです。
こうした中、借入れをしたにも係わらず日常生活が逼迫しお金を返すことが滞る人も出ています。
そうしたひとは一般的に弁護士の方に依頼してみるということが一番問題解決に近いと言われてますが、お金が無い為になかなかそうした弁護士さんに頼んでみる事も無理なのです。
一方で、法テラスのような機関では借金電話相談をただで行っている場合が有ります。又、役場等の自治体でもこうした借金電話相談を行ってる自治体が極一部ではあるのですがあるのです。
こうした借金電話相談では、司法書士又は弁護士等の法律に精通している方が大方ひとり30分程度だが金をとらないで借金電話相談を引きうけてくれるので、とても助かるといわれているのです。金を沢山金を借りて支払う事が難しいひとは、なかなかゆとりを持って熟慮できないといわれています。そうした方に相当良いといえます。

国立市|自己破産のリスクとはどんなものか/自己破産

はっきり言って世間一般で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。高価な車やマイホームや土地など高額の物件は処分されるのですが、生活するなかで必ずいる物は処分されません。
また二十万円以下の預貯金は持っていて問題ないのです。それと当面の数か月分の生活費百万円未満なら取り上げられる事は無いです。
官報に破産者のリストとして載りますがこれも一定の人しか目にしません。
又世にいうブラックリストに載って7年間程の間はキャッシング、ローンが使用できない情況となるでしょうが、これは仕方がない事です。
あと一定の職種につけなくなるということもあるでしょう。けれどもこれも僅かな限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返金することのできない借金を抱えているのであれば自己破産を実施すると言うのも1つの方法です。自己破産を実施したら今までの借金が全くチャラになり、新たな人生を始められるという事で利点の方がより多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし税理士や司法書士や弁護士や公認会計士などの資格は取り消しされます。私法上の資格制限とし後見人や保証人や遺言執行者にもなれません。又会社の取締役等にもなれません。だけれどもこれらのリスクはさほど関係ないときが多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きな物では無いはずです。

関連ページ